相続に関するトラブルは弁護士に相談をお勧めします

仲が良い家族であっても、相続問題となると金銭的な問題となりますのでトラブルとなってしまうケースも多く見られます。
例えば兄妹の一人が「自分だけが故人の介護をしていたのに、遺産を単純に法的な基準で分割して相続するのでは納得が出来ない」など感情的になってしまう場合もあります。

遺産を残す側としても自分が亡くなった後に配偶者や子どもたちに迷惑をかけないためにも、生前から遺産相続の準備をしておく事が大切です。



しかし自分自身で遺言書を作成するとなると、法律的な知識がなければ正確に作成する事は難しいと思います。

また仮に作成しておいたとしても後で法的な効力がないと言われてしまう可能性もあります。

やはり相続に対する不安がある場合は一度弁護士に相談する事をお勧めします。弁護士と言うと費用も高額なのではないかと不安になる人もいるかもしれませんが、初回相談料が無料の所もありますので安心です。


もし遺言書の作成費用を依頼するのであれば大体の相場は10万~20万くらいとなっているようです。

また現在既に家族間で遺産相続のトラブルで揉めているが、話が進展しないというのであれば裁判や調停で解決するという方法もあります。

それらの交渉を弁護士に委任する事も出来ますが、着手着や成功報酬については遺産の金額にもよりますので、事前に確認しておいた方が安心です。
弁護士に依頼すれば直接相手と話をする必要もありませんので、精神的な負担も少なくなります。



このように遺産のトラブルで悩んだときは迷わず弁護士に相談した方がスムーズに解決出来ると思います。